埼玉県の植木・造園屋といえばoh庭ya!庭木のお手入れ1本からOK!草抜き・剪定・伐採・エクステリア・造園まで幅広くお任せ下さい!



基本は年2回! 松のお手入れ

松の手入れは基本的に年2回、春と冬です。
今回は冬のお手入れについてご紹介いたします!

茂った松 他の木と同じように松も古くなった葉は自然と落ちますが、葉が多すぎると下の枝まで陽が当たらなくなります。
日光大好きな松には辛い状態です。

そこで、葉を少なくして陽が当たるようするのですが、古い葉を手で取っていく作業を「もみあげ」といいます。
古い葉を取って透かす事でマツケムシが葉の間(根元のあたり)で越冬できなくなりますので、害虫予防にもなります!

松のお手入れ 松は見た目の美しさ、樹形も大切ですよね。
枝の状態を見て、込み合っているようであれば、切り戻し・透かし剪定も行ないます。

マツケムシ(マツカレハの幼虫)の被害

名前の通り、マツに付くケムシです。
1cm程の太さ、10cmにもなる長さの為、余程茂って込み合っていない限り、くっついていると目立ちます。

そして体が大きい分、よく食べます。
あなたが大事に育てている松は、マツケムシにはご馳走です。
クリスマスに大活躍するモミやヒマラヤスギなどの葉も食べます。

また、マツケムシは毒毛を持っていますので素手で触ったりするのは禁物です。 触ってしまうと腫れや赤み、痒みが出る事があります。

食害にあって木が衰弱する事もあり、ひどい場合はそのまま枯れてしまう事も!
消毒もオススメですが、普段の手入れで木の状態を見て、害虫のチェックをしておくのも重要ですね!

マツカレハの写真を見たい方はこちら ※虫が苦手な方は注意!
oh庭ya情報誌 庭友(にわとも)
大木伐採もお任せ落葉掃除や雨どい清掃もお任せ高圧洗浄でスッキリ綺麗砂利敷きで防草対策
お問い合わせはこちら!0120-28-4141(にわ よいよい) WEB無料見積はこちら
WEB無料見積はこちら メールでのお問い合わせはこちら 電話問い合わせはこちら 0120-28-4141 お電話の際にお伝えください 平日・土日・祝日 9~18時受付